更新情報 サポートQ&A

更新情報

 
年月日 
 
 
     
年月日
 

サポート(Q&A)

これまでのご質問

Q.住宅の塗装工事は何年に一度すべきでしょうか?

A.推薦すべき塗装工事の周期ですが、過去に行った塗装工事の品質や使用された塗料によって、ま

た、塩害地域や工業地帯などの特殊な環境条件を含める立地条件によって、多少の差が出るものです

。このような建物にとって過酷な条件の無い、一般的な環境であれば、屋根や外壁の場合、8年~

12年に一度、鉄部・木部の場合、3~5年に一度、専門知識のある業者さんに点検してもらって下さい。特に鉄部に関しては錆の浸食が深くなる前の対処が必要です。早めにお考え下さい。

 

Q.自宅外壁(サイデイング)のペンキ工事を考えています。価格が知りたいのですが?

A.外壁の大きさ、劣化の程度、立地条件、シーリングの状況、必要な足場や養生対策などによって

価格は違ってきます。現場調査(無料)から始めましょう。

 

Q.家の内部の床、壁のクロス張替はできますか?

A.当社は内装・外装の専門店として、ご愛顧いただいており、内部・外部ともに建物の表面に見え

るところ全てが工事範囲となっております。過去、当社が施工した工事の中の、ほんの一例になりま

すが、お客様のご了解の上で、工事後の写真を公開させて頂いております。上段の「完成工事の中よ

り」をお選びいただき、ご覧下さい。こんな事をしているのか!とお分かりいただけるはずです。勿

論、これが全てという訳でなく、この他にもお役に立てる事は沢山あると思います。どうか、お気軽

にお問い合わせください。


Q.工事に使用する塗料の製造元はどちらのものですか?何を基準に選んでいますか?

A.当社が位置する藤沢市南部は特に潮風の影響を受けやすい塩害地域です。その為、塗装計画の段

階で、常にこれを加味しなければなりません。この他、例えば、川や森が近い為、湿気が多い、など

の環境も、見落とす事ができない立地条件の一つとなります。まずはこのような、環境に適した塗料

・材料選びが必要です。次に、塗装する部位の性質や劣化状況によっても、選ぶ材料は違ってきます

。更に、塗料によって、夫々に異なる特性があり、下塗と上塗の組み合わせによっても、耐候性は大

きく変わるものです。ですから、当社においては、下塗塗料と上塗塗料のメーカーは、必ずしも一致

させる訳ではなく、過去の定期検査などのデータから、当社なりに厳選しています。製造元は標準的

な条件のもとで、耐用年数などを示しますが、夫々に異なる現場の状況までは加味してくれません。

ですから、優れた製品であっても、その特性を生かせるかどうかは、私達の経験と技術です。日頃、

使用する塗料のメーカーですが、エスケー化研、関西ペイント、日本ペイント、水谷ペイント、ジャ

パンカーボライン、その他です。

 

 

Q.自宅の屋根と外壁の塗装工事を考えています。調査、見積もりは無料でしょうか?

A.勿論、無料です。電話、FAX、メール、もしくは上段の「お問い合わせ」→「お問い合わせフオー

ム」をご利用下さい。

 

Q.塗装は秋が最適な季節だと聞きましたが何故でしょうか?

A.秋は温度、湿度ともに安定した季節だから、塗装には最適と言われる方が多いようです。しかし

、塗料には正常に硬化し設計通りの耐候性を発揮する為に定められた施工可能な温度範囲、湿度範囲

があります。これを守りながら塗装工事を進める事が重要であり、それは一概に秋という事ではあり

ません。しかも、秋の長雨と言って9月中旬ごろ~10月上旬位に停滞前線がもたらすしつこい雨が

あります。当然、雨が降る時とその前後には湿度は上昇します。ですから、必ずしも正しい認識だと

は言い切れません。

 

Q.家の外側の塗装工事を考えています。安くて上質な工事を求める為にはどうしたら良いの  でしょうか?

A.良いものを安く購入したいと考えるのは皆同じだと思います。その為に数社に見積依頼をして安い

方に注文しようというお客様も増えています。ここでご注意いただきたいのは、工事仕様を共通のも

のにしなければ価格の比べようがないという事です。しかし、塗装工事に関わった経験のない一般の

皆様にとって、これはなかなか難しい作業になるのかも知れませんね。そのような皆様の為に、今、

私に申し上げる事が出来るのは、地域の評判は嘘をつかない。という事ぐらいでしようか。ですから

、地域の皆様の話を聞くのも良い方法だと思います。また、工事業者に対しては、見積前に、お客様

のご希望が何なのか?優先されるのはどんな内容なのかをはっきりと伝えるのも良いでしょう。

 

Q.外壁の塗装工事について教えてください。標準2回塗りの業者さんも3回塗の業者さんも  いるようですが、この違いには何の理由があるのでしょうか?

A.3回目の必要性があるのか?無いのか?は業者の捉え方次第だと思います。3回目の塗装は無いよ

り、有る方が、厚い塗膜が完成する訳ですから、一般的な状況の中では、有った方が良いと言えると

思いますが、その費用を誰が負担するのか?、それが問題だと思います。メーカーが指定する塗装回

数には検査データを含めた根拠があるものです。