どんなに小さな工事でも

ライフペイントでは、ほんの小さな塗装工事でも喜んで対応致します。例えば

木部だけ、鉄部だけ、ドアだけ、門扉だけでも結構です。

その理由は

外壁の塗装周期を10年間と見込んだとしても、外部に露出した鉄製部分、木製部

分には、そこまでの耐候性は見込めないのが実情だからです。

 

塗装工事後の外壁の耐用年数が10年であっても、同じように外部に露出した鉄部、木

の耐用年数は、3年~5年とされています。(使用された塗料や施工内容によって、

更に立地条件によっても異なるものですから、一般的な目安としてお考え下さい)。

ですから、次回の外壁塗装と同時にと計画されたのでは、手遅れになる場合が多い訳で

す。試しに、ご近所の住宅を見ながら少し歩けば、お分かりいただけると思います

全体的な塗装工事をしてまだ三年、外壁はまだ十分綺麗なのに、屋根の下に見える破

は下地が露出し、早くも傷んでいる。鉄製の柱や階段の表面には早くも錆が発生して

る。そんなことが多々あるものです。鉄部や木部に対する塗料の密着性や温度変化に

る素地の伸縮に対する塗膜の追従性の問題、塗装工事の技術的な問題等、考えられる

因は多数あり、断定するのは難しい事です。しかし、現実的に鉄製品、木製品に長期

耐候性を持たせるのは非常に難しい事です。ご注意いただきたい事は、塗装による素

の保護効果が低下し、素地の劣化が始まり、更なる放置で状態の悪化が進んだものは

装工事だけでは完全には修復できない場合が多という事です。このような場合には素

を修復する為の木工事や溶接工事などによる補修工事をお勧めせざるを得なくなり、

客様にとっての予想外の出費が発生する場合もあるものです。是非、適切な時期に適

な対処をお考えいただきたいと思っています。とは申し上げても、一般のお客様に適切

な時期をご判断いただくのは、少し難しく思いますし、中にはそんな暇はないと思われ

る方もいらっしゃるように思います。そんな事を私達なりに考え。お客様を代行した無

住宅点検サービスがサービスライフです。上段メニューのサービスライフより詳細を

ご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  •  

 

  •  

 

 

  •