ベランダ床の防水工事

ベランダの防水工事です。

 

○○○○○○○○イメージ

「工事前の状況」

高圧洗浄後のベランダ床の現状写真です。防水層を押さえるモルタルの表面にはご覧の様なクラックが

発生いていました。幸い、深さのあるクラック、幅の広いクラック等のエポキシ樹脂の注入等を要する

重度な状況にまでは進んでいない事から防水材の塗布による対応を決定致しました。使用する材料には

関西パテ化工のセルコートSを選定いたしました。予め、塗料に骨材が混入されたもので、滑り防止の

効果も含んだ塗布型防水材です。

 

 

 

 


○○○○○○○○イメージ

「第1工程 ベランダ床面防水下塗り」

セルコートSのプライマーを塗布します。プライマーは上塗材と下地との密着性を高める為の塗料です。

 

○○○○○○○○イメージ

「第2工程 ベランダ床面防水 上塗1回目」

プライマーの十分な乾燥を確認のうえ、防水材(セルコートS)を塗布します。

 

○○○○○○○○イメージ

「第3工程 ベランダ床面防水 上塗2回目」
上塗1回目の十分な乾燥を確認のうえ、防水材(セルコートS)を塗布します。

 

○○○○○○○○イメージ

「ベランダ床面防水工事完了」
全ての工程を終了させ、硬化、乾燥を確認します。