外壁目地のシーリング工事

雨水を遮断する為の大切な工程です。

○○○○○○○○イメージ

「外壁目地シーリング現状」

外壁表面にサイデイングパネルが施工されている場合、隣接するパネルとの間にはシーリングと呼ばれ

るシール材(防水効果のある充填剤)が打たれています。このシール材にはウレタン、シリコン、変成

シリコン等の色々な性質のものがあり、耐用年数には差がありますが、いずれも経年変化により、硬化

収縮して行く性質のものです。塗装工事の前処理工程で行う事が一般的とされており、この度の塗装工

事にも前工程として施工しています。

 


○○○○○○○○イメージ

第1工程 「既存シールの撤去1」

サイデイングボードとの境界線ギリギリの所をカッターを用いて切断します。

 

○○○○○○○○イメージ

第2工程 「既存シールの撤去2」

劣化したシール材を完全に撤去します。

 

○○○○○○○○イメージ

第3工程 「プライマーの塗布」
劣化したシールの撤去後の溝(サイデイングの端面)に専用プライマーを塗布します。(新たに充填す
るシール材との密着性を高める為のものです)。

○○○○○○○○イメージ

第4工程 「シール充填」
新しくシール材を充填します。中空部分が残らないように、溝の奥から十分に充填します。

 

○○○○○○○○イメージ

第5工程 「表面の調整

シールの充填が済み次第、表面が平滑になるように、ヘラで整えます。以上でシーリング工事の完了です。